凩(こがらし)による徒然なる日記です。 日々の叫びやら、ワンピや銀魂等の感想ばかりになりそう。 最近突拍子もない“突然ワンピ小説”などもあったりで、だらだらのんびり書いてます…(笑)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
あまりに衝撃の最終回…でした。
2011-02-18 Fri 11:51
なんかショックが大きすぎる…。(・・;)


別冊マガジンって探すのなかなか難しいんで、何ヶ月か読めずにいたら………

今月号になって、急にホリック最終回ってかよ!!!?
もうそんなところまでいってたっけ?!

ッて感じで「ついに侑子さんが?」とおそるおそる読んだのですが…

―――冒頭に戻ります。


これ悲しいよッ!!(T◇T)
切なすぎるよッ!!!


あまりに唐突すぎた(マンガ内での)現実が残酷です;

「アレ?いやちょっと…;?そんなわけ……でもこれって…………やっぱり…?」


しばらく本屋から帰宅までずっと放心状態でありました。(・・;)

特になんだか私にとっての最後の希望が消えた感じが…。いや新たな希望は確かにあったが…。

あまりのショックに現実逃避し、
「…あ、これってひょっとして“籠編”が終わって、この後“翔”編とか始まったり……?」とか信じてしまった程です;;。


ネタばれ+愚痴が溢れておりますので、続きは追記にて;;



2月10日のサイトにて拍手してくださったお客様へ:
温かな拍手、どうもありがとうございましたvv!(^▽^)




百目鬼君がぁぁぁぁあ!!!!!!(T□T)

ウソだぁああああ!!!!!
信じたくないぃぃぃいいい!!!!


えェ…簡単に説明しますと、


四月一日:「そうか…もう、そんなに経っていたんですね…この店を継いでから」


四月一日君がずっと店を切り盛りし、不思議な蝶の夢を繰り返し見ているうちに、
気付けば外の世界では、もう100年以上も時間が過ぎていた事になってるんです。

そして夢の話をずっと隣で聞いていた百目鬼君は、実はあの百目鬼静ではなかった。
いや、最初はそうだった…けれど今は違うんです。

四月一日は“最後に見た蝶の夢”を聞いてくれていた、目の前の百目鬼君(と瓜二つの青年)に
そっと微笑んで言うんですよ…。


四月一日:「曾御祖父さんにそっくりだな」

百目鬼:「そんなに似てるか」

四月一日:「似てない所を見つけるのが難しいくらいな」


この青年は百目鬼君の曾孫なんです!!


という事は―――…(;_;)
やはり百目鬼静くんはきっともう………うぅ!!(涙)
小羽ちゃんもひまわりちゃんもいなんだよね…;。

きっと未練だったでしょう!!
百目鬼君は最後まで四月一日を見守っていたかったはずですもの!!
それをやむを得なく、子孫に託したんでしょう…;;

そしてあの卵も、静から代々受け継がれていました。

しかし現在の百目鬼君の曾孫に受け継がれるまで、誰も卵を使用する事はできなかった。
そして曾孫の彼もまた、「まだ使うべきではない」と心に決めているのです。

この卵は、「四月一日から、侑子さんの記憶を消す力を持っている」
(という解釈がファンの間で一番得られております)

しかし、四月一日は侑子さんの事を忘れたくはないと思っている。
夢では侑子さんと会えたが、もう店から出られるようにはなったが。

四月一日は「それでも待ち続ける」と心に決めている。
百目鬼はそれを理解しているから、卵を使わない。


これもまた、ひとつの幸………せ…―――




~~~~う~~~ん………(=_=;)

駄目だ。やっぱりなんかモヤッとしてしまう。

やっぱり切ない。

何だろ、この
「ろうそくの灯を『最後の蝋が溶けてなくなるまで』とずぅーっと見守り続けていたのに、
あとちょっとで最後という所で、横から吹いた風にヒューと全部持ってかれちゃった」
かのような感覚は。

しかしファンの中には、
「卵に対し別の解釈をされている方」もおり、
「卵をあえて使わない事によって、四月一日と百目鬼家との縁が、この先もずっと繋がってゆくのでは…」という
とてもすごい解釈がございました。
とても感銘を受けております。^^今はその御言葉が、心の支えになっております。

ホリックファンの皆さまって、ホント「考え方が素敵な大人である」方が多いですねぇ。
一部では、もう話題が「この曾孫くんって名前なんだろう?」って始まっております(笑)
せっかくなので、私は「ゆたか」君に一票!(^^)д

もう少し時間をおいて、単行本が買えた時には、私もスッキリできるのかしら?
どうやら公式ファンブックも出るらしいですし。それを待ちましょう。^^

CLAMPさま、お疲れ様でした。

所で…::

これってきっと絶対にマジでとんでもない暗黙の禁句なんでしょうが………
怒られるの覚悟で呟きます…。

ピー社で新連載しちゃったから、こっちが打ち切りにされちゃったんじゃないですよね!?
絶対そんな醜い大人の事情とかじゃないですよね!!!



別窓 | 日記 | コメント:0 |
<<がんばって!! | 俗に言う「徒然なる」何とやら…。 | 「ワンピースを語る」とかいうトーク番組があったとしても、多分3時間あっても足りない。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 俗に言う「徒然なる」何とやら…。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。