凩(こがらし)による徒然なる日記です。 日々の叫びやら、ワンピや銀魂等の感想ばかりになりそう。 最近突拍子もない“突然ワンピ小説”などもあったりで、だらだらのんびり書いてます…(笑)
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
お婆ちゃんっ子・祖父ちゃんっ子はたいてい時代劇が好きになる。
2009-07-01 Wed 23:58
さて、こっちでは後半まだなんですが、今日は“ワンピ時代劇”についてお話しましょう。

「何、どうした?突然…」なんて言ってはだめですよ(どーん!)

今回はやっとフランキーやブルックも登場しました。

そう言えば、毎回何気に“時代劇のお約束”をやってるところがニクいですよね(笑)
八百長(Mr.3&バギー)
拷問(ブルック)
俗に言う「お代官様あ~れ~」(ゾロ:笑)
…とくればァ…
次はそろそろ「入浴シーン」か?いや、いっそボンちゃんが出てきて“そっくりさん”ネタとか??^^
どちらにせよ、またやる時が楽しみですvv。

思えば最初に時代劇やった時は、ファンの中では大好評でありましたよね^^
設定も面白いし、オフィシャルと比べるとさらに面白いし…
ファンの心を掴むようないいポイントついてるし(笑)

ちなみに凩、当時“ルフィ親分と破戒僧ゾロとのバトルシーン”を鑑賞中に、
(現在働いている)職場からの「(仮?)採用通告」電話が来て、
「今いいとこなんだよ!!邪魔すんじゃねェよ!!」受話器片手に内心叫んでました。(超どーでもいいわ!)

(話を戻し…)それから暫くネットのワンピサイト様方の間では、
“ワンピ時代劇絡み”が大流行し、イラストや小説やたくさんの素敵お話を閲覧させて頂きましたよvv!
いやァvvたくさんの破戒僧と板m…:それ以上言うな!)

この当時私は、まだ(今に比べては)あまりワンピ小説を書いてはいなかった方なんですが、
「私も時代劇絡みが書きたいなァ…」と、元よりの“時代劇好き”が影響し、
何気に頭でちらほら考えてたりしました。

―――で。まず考えたのは「破戒僧ゾロが、初めて会ったハズのルフィ親分の事を知ってた風な素振り」だった事について。
それで思いついたのがこんなストーリー。―――


×××

ゾロはもともと、遠くの城に仕える侍だった。
しかし何かしらの事情から(アバウト)城を出て、故郷の…昔世話になっていた寺へと帰る。
ゾロの故郷では、もともと鬼が現れると言う。
人を食らう鬼は暴れ回り、寺の僧侶たちは刀を使い鬼を討伐してきた。
その寺の娘であり、ゾロが幼い頃どうしても勝てる事ができなかった剣士…くいな。
2人は久しぶりの再会に、互いに穏やかな心地となったものの、その晩…
鬼が現れ、くいなはゾロの目の前で殺されてしまう。
怒りに満ちたゾロは、くいなの刀でその鬼を斬り殺した。
しかし鬼は、死の直前にゾロに呪いをかけた。
ゾロの体には、まるで紅蓮の炎を描いたような、真っ赤なアザが刻みこまれる。
アザは、日に日に増殖し、身体を覆い尽くそうとする。
「その炎(アザ)が身体を覆い尽くした時、お前は獄炎に焼かれる痛みを味わい、死ぬ。」鬼が断末魔の最中の言葉であった。
呪いを解く方法は寺にはなかった。
呪いを解く方法を探すため、迷惑をかけないためにも、ゾロは寺を出る決意をする。
(胴体にあるアザを隠すためも兼ねて)法衣を纏い、くいなの刀を受け取った。
あてもない旅となる。
だがくいなの刀を譲り受けた際、剣の師匠であり、寺の僧侶のケンシロウが言った。

「グランドジパングへ行ってみなさい」
「グランドジパング…?」
「えェ。この村から東に位置します。何でも“ルフィ”という名の、たいそう有名な岡っ引き様がいるそうで…」
「ルフィ…?その岡っ引きが何か?」
「何があるかは解りません。でも、きっと“何か”があるハズです…」
「?」
「不思議でしょうが。きっと彼方の力にもなるように、感じるのです…」

いまいち理解できずも、ゾロは師の言葉に従いグランドジパングへと向かった。
そして、―――出会った。麦わらの親分。
この時、ゾロのアザは胴体を完全に覆い尽くし、紅蓮の文様は首にまで、うっすら伸びていた。
死への時が、こくこくと迫る。

×××


―――…ってなカンジの。

でもね?これ考えた時から「アレ?これどっかで聞いたような…?」って感じはしてたのよ。
皆さん、おそらくもう途中の段階から解りますでしょうけど…

∑「ア○タカ戦記」ッッ!!!(ずど~ん!!)

てか。他も一部勝手に真似した部分もあり、もうのっけからボツネタ決定でした。
ってか重すぎだよね、これ(笑)

他も板前サンジ君は、実はどこぞの領主の息子とかで、
家出してきた所をおナミさんに拾われ、料理の腕を見込まれて(※犬猫拾って芸仕込むレベル)「これは商売になる」と店を構えたとか。

まだフランキーが時代劇出る前(オフィシャルでも仲間になる前)に考えたネタでは、
フランキーは昼間は大工だが、夜になると義賊。
ルフィ親分と対決する事になるのでは…?とかとも考えてました。
この夢は儚くも崩れ落ちましたが(笑)



6月28・30のサイトにて拍手してくださったお客様へ:
応援ありがとうございましたっvv!!o(≧▽≦)o



別窓 | こがワンピ | コメント:0 |
<<「作家の頭の中が理解できたら、本を読む楽しみがなくなっちゃう」 | 俗に言う「徒然なる」何とやら…。 | 一度怠け癖がつくとなかなか治らない。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 俗に言う「徒然なる」何とやら…。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。